Sneshi Watanabe

渡辺仙伺(watanabe shenshi)

渡辺仙伺
東京生まれ。幼少の頃より豪州に渡り、ドイツの思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱したシュタイナー教育のもとアートを学ぶ。
日本帰国後、京都にて本格的に華道を学ぶ。
2009年より拠点を東京に移した後、華道家(フラワー•アーティスト)としての活動を本格化させる。現在に至るまで、多彩なジャンルのアーティストとコラボレーション、数々の現代的なアート•イベントに作品の出展を行うなど、従来の華道の枠を越えた、既存の概念にとらわれないマルチな活動を展開している。

活動実績


2010年、目黒区「CLASKA」で行なわれたイベント『W+K TO GO-INSTALLATION-』にて、映像作家•伊東玄己氏、作曲家•佐藤礼央氏とコラボレートし、華道とモーショングラフィックスをミックスしたインスタレーション作品を出展。

同年、代官山「UNIT」にて音楽アーティスト•(故)NUJABESの追悼イベント『~NUJABES ETERNAL SOUL~』にて、写真家•太田好治氏とグラフィックアーティスト•藤田二郎氏(FJD)らと共に華を出展。

2011年5月にSEMIPERMANENT /ETCC(CREATIVE COMMONS)オープニング及びアフターパティーに出展

同年、オーストラリアの国民的有名なヒップポップバンド THE HERD
の最新アルバムFUTURE SHADEのアルバムジャケットの作品を手がける.
8月25日発売予定

DJ ユニットDOWN UNDER BEATSのミュージッククリップに制作参加。2012公開予定。

Shenshi Watanabe

Born in Tokyo. Moved to Australia at a young age and studied art at a Steiner school.After returning to Japan, Watanabe seriously began studying Ikebana in Kyoto. In 2009, after moving to Tokyo, he actively began his career as a flower artist. Until now, he’s collaborated with a plethora of artists, and has presented his work at several modern art events. The modernistic approach to his work enables him to go beyond the traditional Ikebana style, and create art that has hitherto been unseen in flower arrangement.

Recent works2010 – Watanabe collaborated with musician Leo Sato and videographer Genki Ito at the event [W+K TO GO - Installation] to create an Ikebana motion graphics display at [Claska] in the Meguro district.Watanabe also collaborated with photographer Yoshiharu Ota and graphic designer Jiro Fujita on an arrangement for the memorial event of the musician Nujabes at [Unit] in Daikanyama, Tokyo.He present his work at [Semipermanent], a design conference in Australia on May 13th, 2011.Most recently, Watanabe worked with the Australian hip-hop group The Herd, to design the cover for their newest album, Future Shade. The album hits the market on August 25th, 2011.

0 comments
Submit comment